クリスタルボウルとは?

img/image_3.jpg セイクレッドクリスタルシンギングボウルはNASAで生まれました。

コンピューターチップを培養するために99.992%の純粋なシリカで作ったボウルを使用していました。中には完璧でない物も出来上がるので、それらのものは破棄されていましたが、技術者の1人がある日、そのボウルの縁をなぞったところ、すばらしい音色がして、それがやがてサウンドセラピー用に作られるようになり、クリスタルボウルとして世に出たというわけです。

最も科学の先端をいくNASAがそのツールの発祥になったことは奇跡としか言いようがありません。セイクレッドクリスタルシンギングボウルの形状は遠くアトランティスの癒しの寺院で使われていた物と同じであったからです。

気の遠くなるほどの時間の旅をして現代に蘇った癒しのツール。

水晶は土の中で何万年という時を超えてゆっくり成長していきます。地球に降り注ぐ光が地中で結晶化したものなのです。